ロイヤル・エア・フォースに見送られて3隻のクイーン船が出航

3隻の船上から圧巻の航空パフォーマンスを観覧

2018年8月14日


2018年8月10日夜、ラグジュアリー・クルーズ・ライン、キュナードの3隻のクイーン船、クイーン・メリー2(QM2)、クイーン・エリザベス(QE)、クイーン・ヴィクトリア(QV)が、イギリス・サウサンプトンから、ロイヤル・エア・フォース(Red Arrows)のアクロバットチームの飛行パフォーマンスに見送られて出航しました。


3隻に乗船しているゲストは、船上からレッドアローズの飛行パフォーマンスについて特別な解説を聞きながら空中ショーを楽しみました。イギリスではCowes ラジオ(87.7FM)で船上と同じ飛行パフォーマンスの解説がリアルタイムで流されました。


キュナードの船団は午後5:30にワイト島に向け出航しました。ワイト島カウズでも駆けつけた観客やヨットマン、さらにロイヤル・ヨット・スコードロンによるユニークで心に残る見送りを受けました。


8月10日はサウサンプトンでラグジュアリー・クルーズ・ラインを祝う日となりました。素晴らしい飛行パファーマンスに加え、キュナードは3隻のクイーン船を訪れる「一日船長体験」の機会を得た5名の幸運な子供たちをもてなしました。これは、子供たちからなぜ「一日船長体験」をしたいかの作文を募集、その中から想像力が高く評価された5名が選ばれ招待を受けました。


子供たちは、QM2とQEの船内見学をし、船長ともひとときを過ごし、操縦室も訪れました。昼食を楽しんだ後、3隻のクイーン船のまわりをスピードボートで巡り、「一日船長体験」を終えました。


キュナードについて
キュナードは、いつまでも心に残る体験を提供することで知られている、イギリスのラグジュアリー・クルーズ・ラインです。1840年以来、北大西洋での客船運航において常にリードし、2015年には記念すべき175周年を祝いました。約2世紀に渡り、大西洋航路のパイオニアであり続けるキュナードは、まさに世界のクルーズ・ラインです。
キュナードでは、洗練された食事、厳選されたエンターテイメント、優れたサービスなどを体験していただけます。5ツ星クラスのレストラン、ルームサービス、ゲストスピーカーによる講演、ライブラリー、映画に至るまで、ゲストの皆さまにいつまでも心に残る体験をしていただけるよう、きめ細やかなサービスを提供しています。


キュナードは現在、クイーン・メリー2、クイーン・エリザベス、クイーン・ヴィクトリアの3隻を保有し、ヨーロッパ、カリブ海、アジア、オーストラリア方面に就航しています。
2017年には、4隻目の客船が2022年に就航することを発表しました。この投資により、キュナードはさらなる世界戦略を強化、1998年以来の4隻同時就航を予定しています。
キュナードは、イギリス・サウサンプトンにあるカーニバル・ハウスに拠点を置き、1998年よりカーニバル・コーポレーションの傘下に入っています。


キュナードの写真は、下記サイトからダウンロードいただけます。
https://cunard.assetbank-server.com (ご利用前にご登録ください)


詳しくは、 キュナード・ライン ジャパンオフィス(株式会社 カーニバル・ジャパン)までお問合せください。