キュナードが権威ある米旅行誌「トラベル+レジャー」の
『2017年ワールド・ベスト・アワード』を受賞

 

2017年07月14日


キュナードは「トラベル+レジャー」誌の『2017年ワールド・ベスト・アワード』において「メガシップ・クルーズ・ライン部門」で一位を獲得し、新たな栄誉を得ることになりました。米国の権威ある旅行誌である同誌では、1995年以来、読者を対象に旅行地、ホテル、リゾート、スパ、航空会社、クルーズ・ラインなどの分野で「ワールド・ベスト・アワード」調査を行っています。


177年にわたり、キュナードの3隻の女王、クイーン・メリー2、クイーン・ヴィクトリア、そしてクイーン・エリザベスは世界中を巡り、極上の体験を提供し続けています。また、キュナードはクルーズ業界において、偉大なオーシャン・ライナー、大西洋横断航路を結ぶ客船としての長きにわたる歴史と比類なき地位を築いています。


キュナード北米シニア・バイス・プレジデント、ジョシュ・レイボヴィッツ(Josh Leibowitz)は「キュナードを代表して、メガシップ・クルーズ・ライン部門で再び一位を獲得したことを光栄に思います。キュナードは約1億7,000万ドルを投じて、昨年6月にはクイーン・メリ−2の大規模改装、そして今年の6月にはクイーン・ヴィクトリアの改装を終えたばかりです。いわば、長年キュナードをご利用してくださるお客様、そして初めてのお客様に対しての揺るぎない決意の表れです。新しく、かつ進化を遂げたキュナードでしか体験できないお客様へのサービスや施設のレベルに誇りを持っています。」と述べています。


# # #


キュナードに関するお問い合わせは、お近くの旅行会社までお問い合わせください


キュナードについて
クイーン・メリー2、クイーン・ヴィクトリア、クイーン・エリザベスのラグジュアリーなオーシャンライナーを運航するキュナードは、1840 年に「ブリタニア」が大西洋を横断して以来、新しい旅の探究者であり、英国の歴史と伝統を継承しています。キュナードでの船旅は、現代の冒険、クルーズの黄金時代から語り継がれてきた伝説のホワイトスター・サービス、素晴らしいレストラン、ワールドクラスのエンターテインメントをご提供します。今日、キュナードは唯一の定期大西洋横断ライナーであり、1922 年に開始した伝説的なワールドクルーズを今も続けています。