キュナード、『ポートホール・クルーズ・マガジン』の
2016 年読者投票で首位の栄誉に

 

2016年11月10日



キュナードは、アメリカの代表的なクルーズ専門誌『ポートホール・クルーズ・マガジン(Porthole Cruise Magazine)』 が実施する2016年読者投票「リーダーズ・チョイス・アワード」で、「最優秀大西洋横断コース」と「最優秀ワールドクルーズコース」の2部門で首位に輝き、17年連続の受賞となりました。


『ポートホール・クルーズ・マガジン』による毎年恒例の「リーダーズ・チョイス・アワード」は今年で18回目。同誌の読者や同誌ウェブサイトのファン数千人が参加して実施されるもので、全54部門で構成されており、人気のクルーズラインや客船を投票で決定します。今年の投票者数は過去最高に達しました。


キュナード北米プレジデント、リチャード・メドウスは次のように述べています。
「大西洋横断クルーズやワールドクルーズを開拓してきたクルーズラインとして、こうした伝説的なコースが『ポートホール』誌の読者の皆様から今年も変わらぬ熱い支持をいただいたと聞き、大変うれしく思います。この栄誉にあずかり、非常に光栄です」。


今年実施したクイーン・メリー2の大規模改装は、総投資額が約1億3200万ドルに上り、キュナードが実施した大規模改装の中でも屈指の規模に相当します。大改装後のクイーン・メリー2は、80年前に就航した初代クイーン・メリーにヒントを得て、アールデコ調のデザインを採用しています。


キュナードについて
クイーン・メリー2、クイーン・ヴィクトリア、クイーン・エリザベスのラグジュアリーなオーシャンライナーを運航するキュナードは、1840年に「ブリタニア」が大西洋を横断して以来、新しい旅の探究者であり、英国の歴史と伝統を継承しています。キュナードでの船旅は、現代の冒険、クルーズの黄金時代から語り継がれてきた伝説のホワイトスター・サービス、素晴らしいレストラン、ワールドクラスのエンターテインメントをご提供します。今日、キュナードは唯一の定期大西洋横断ライナーであり、1922年に開始した伝説的なワールドクルーズを今も続けています。

ワールド・リーディング・クルーズライン
キュナードは、ワールド・リーディング・クルーズラインのメンバーです。その他のメンバーは、カーニバル・クルーズ・ライン、ホーランド・アメリカライン、プリンセス・クルーズ、コスタ・クルーズ、シーボーン・クルーズです。お客様一人一人にご満足いただきたいという情熱と、品質と価値をお約束するワールド・リーディング・クルーズラインは、最高の休暇を楽しみたいという人々の意欲をかき立てます。私どもは共に、世界で最も価値ある旅先へ、心躍る充実した各種クルーズバケーションを提供しています。

 

お問い合わせは ㈱カーニバル・ジャパンまで
http://www.cunard.jp/