キュナード、クイーン・メリー2の大西洋横断
「ブルーノート・ジャズ・クルーズ」に
伝説の女性ジャズ・ボーカリスト、
ディー・ディー・ブリッジウォーターが登場

2016年2月2日



キュナードは、ニューヨークからサウサンプトンに向かう2016年10月25日発のクイーン・メリー2で開催する第3回となる「ブルーノート・ジャズ・クルーズ」に、ジャズの歌姫ディー・ディー・ブリッジウォーターの出演が決定したと発表しました。 通算3度のグラミー®賞やトニー®賞の受賞歴を持ち、国連親善大使、プロデューサー、レコードレーベル代表など多彩な顔を持つブリッジウォーターは、今回、クイーン・メリー2の大西洋横断8日間のクルーズ中にロイヤル・コート・シアターに登場します。さまざまなメディアで絶賛されている卓越した歌声で迫力あるショーを3回披露するほか、お客様からの質問に本人自ら答えるQ&Aセッションも予定しています。


今回の大西洋横断でブリッジウォーターとステージをともにするのは、絶大な人気を誇るバリトンシンガー、グレゴリー・ポーターです。ポーターもグラミー®賞に輝くほか、2015年には英国の有名ジャズ専門局Jazz FMの「年間最優秀インターナショナル・ジャズ・アーティスト」にも選ばれています。


ブリッジウォーターは次のように述べています。
「クイーン・メリー2のブルーノート・ジャズ・クルーズという、特別なクルーズに参加できることになり、本当に嬉しいです。私にとってジャズは自由を意味するものであり、思いを素直に表現できるものです。乗船されるお客様、そして親友でもあるグレゴリー・ポーターと一緒に、今回のジャズ・クルーズをたっぷり楽しみたいと思います」。


ジャズシンガーとして40年以上にわたって活躍しているブリッジウォーターは、1970年、「サドメル」の愛称で当時一世を風靡したビッグバンド「サド・ジョーンズ=メル・ルイス・ジャズ・オーケストラ」にリード・ボーカルとして参加し、ニューヨークシティで衝撃的なデビューを飾りました。その後、コンサートやレコーディングでディジー・ガレスピーら著名ジャズ ミュージシャンらとの共演を果たし、ブロードウェイにも進出しました。ブロードウェイ・ミュージカル『ザ・ウィズ』では、南の良い魔女グリンダ役を演じ、トニー賞助演女優賞を受賞しています。さらに東京、ロサンゼルス、パリなどでもミュージカル公演を成功させています。ロンドンのウェストエンドでは、スティーブン・ストール作・演出のミュージカル『レディ・デイ』に主演、歴史に残る女性ジャズ・ボーカリスト、ビリー・ホリデイ役という大役を見事に演じ、権威あるローレンス・オリヴィエ賞最優秀女優賞にノミネートされています。


キュナード北米プレジデント、リチャード・メドウスは次のように述べています。
「このたびクイーン・メリー2にディー・ディー・ブリッジウォーターを迎えられることを、大変光栄に思います。彼女は世界中の音楽ファンを魅了する素晴らしいエンターテイナーです。ディー・ディーやグレゴリー・ポーターの歌声をすぐ間近で堪能できるキュナードのこの特別な大西洋横断クルーズは、お客様にもきっと楽しんでいただけることでしょう」


クイーン・メリー2について
2004年に英国女王陛下により命名されたキュナードのフラッグシップであるクイーン・メリー2は、21世紀の豪華旅行として、175年にわたる大西洋横断旅行の歴史を引き継いでいます。2013年7月、クイーン・メリー2は200回目の大西洋横断を達成しました。2004年以降、この伝説的な航海を体験した著名人として、元米大統領ジョージH.W.ブッシュ、デズモンド・ツツ、ジェームス・テイラー、ウェス・アンダーソン、ティルダ・スウィントン、ジョージ・タケイ、キム・ノヴァク、ユマ・サーマン、リチャード・ドレイファス、ジョン・クリーズ、アンジェラ・バセットが名を連ねています。


キュナードについて
クイーン・メリー2、クイーン・ヴィクトリア、クイーン・エリザベスのラグジュアリーなオーシャンライナーを運航するキュナードは、1840年に「ブリタニア」が大西洋を横断して以来、新しい旅の探究者であり、英国の歴史と伝統を継承しています。キュナードでの船旅は、現代の冒険、クルーズの黄金時代から語り継がれてきた伝説のホワイトスター・サービス、素晴らしいレストラン、ワールドクラスのエンターテインメントをご提供します。今日、キュナードは唯一の定期大西洋横断ライナーであり、1922年に開始した伝説的なワールドクルーズを今も続けています。


ワールド・リーディング・クルーズライン
キュナードは、ワールド・リーディング・クルーズラインのメンバーです。その他には、カーニバル・クルーズ・ライン、ホーランド・アメリカライン、プリンセス・クルーズ、コスタ・クルーズ、シーボーン・クルーズが含まれます。お客様一人一人にご満足いただきたいという情熱と、品質と価値をお約束するワールド・リーディング・クルーズラインは、最高の休暇を楽しみたいという人々の意欲をかき立てます。私どもは共に、世界で最も価値ある旅先へ、心躍る充実した各種クルーズバケーションを提供しています。


ブルーノート・レコード
ブルーノート・レコードは、1939年1月6日、ニューヨーク市で、アルフレッド・ライオンというドイツ人移民が2人のブギウギピアニストと共に、初めて彼自身のレコーディングセッションをプロデュースした際に創設されました。ブルーノートは、ブギウギ、ホットジャズ、スイングから、ビバップ、ハードバップ、ポストバップ、ソウルジャズ、アバンギャルド、フュージョンを通して、現代のジャズの数多くの形態に至るまで、音楽史全体をたどりながら、ジャズの一流となるまでに至りました。ブルーノートの伝説的なリストには、セロニアス・モンク、バド・パウエル、マイルス・デイビス、ジョン・コルトレーン、キャノンボール・アダレイ、ホレス・シルヴァー、アート・ブレイキー、ジミー・スミス、デクスター・ゴードン、グラント・グリーン、リー・モーガン、フレディ・ハバード、ジョー・ヘンダーソン、ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、マッコイ・タイナー、ドナルド・バード、アンドリュー・ヒル、オーネット・コールマン、などジャズ史における重要人物が名を連ねます。

ブルーノートは創立以来、世界中で最も尊敬を集め、最も長く続くジャズレーベルとして確立され、今日では、ジャズ界で最も有名な幾人かのスターや最先端の革新者たちにとってのホームであり続けると同時に、多くのジ ャンルにおける上質の音楽を取り入れるべくそのエリアを広げています。ブルーノートは現社長ドン・ウォズのもと、創始者アルフレッド・ライオンの当初のビジョンである「本物の音楽の感じ方を表現する特定の演奏スタイルはどれも真の表現である」ということに注力することを再確認しました。ブルーノート・レコードは、キャピトル・ミュージック・グループのフラグシップレーベルです。


ブルーノート・エンターテイメント・グループについて
1981年にダニー・ベンスーザンが設立したブルーノート・エンターテイメント・グループは、ニューヨークのブルーノート・ジャズ・クラブ、B.B.キング・ブルース・クラブ&グリル、ハイライン・ボールルーム、サブロサ、ハワード・シアター(ワシントンD.C.)、全世界のブルーノート・ジャズ・クラブ(東京、名古屋、ミラノ、ワイキキ、北京)を所有、運営する多角的なエンターテイメント企業です。同社はレガッタバー・ジャズクラブ(マサチューセッツ州ケンブリッジ)のプログラム作成も行っている他、ブルーノート・エンターテイメント・グループでは、自社のクラブ・ネットワーク以外でもショーを開催しています。
ブルーノート・ジャズ・フェスティバルは2011年以降、毎年6月に開催され、今ではニューヨークで行われる最大のジャズ・フェスティバルになっています。ブルーノート・エンターテイメント・グループの関連会社には、ニューヨークのブルーノート・ジャズ・クラブでライブ・レコーディングされた50以上のタイトルが含まれているカタログがあり、グラミー®賞候補にもなったことがあるレコード・レーベル、ハーフノート・レコード、ブルーノート・トラベル、マネージメントグループ、メディアグループが含まれています。同グループは過去35年の間に、ディジー・ガレスピー、チック・コリア、ハービー・ハンコック、ウィントン・マルサリス、デイヴ・ブルーベック、レイ・チャールズ、オスカー・ピーターソン、サラ・ヴォーン、クリス・ボッティなど、音楽業界で著名なアーティストを数多く世の中に送り出しています。

以上

 

お問い合わせは ㈱カーニバル・ジャパンまで
http://www.cunard.jp/