クイーン・メリー2 に
シグニチャー・レストランが新たにオープン
「ザ・ベランダ」で現代的な高級フランス料理を提供

 

 

1936年5月にクイーン・メリーで最初の「ベランダ・グリル」*が誕生以来
80年目の節目を迎える2016年6月に、
クイーン・メリー2でも「ザ・ベランダ」が新たにオープン

 

2015年12月22日

キュナードのフラグシップであるクイーン・メリー2は、2016年5月から大規模な改装を行い、現在の「トッド・イングリッシュ」のスペースを新たに「ザ・ベランダ(The Verandah)」としてオープンします。 クイーン・エリザベスとクイーン・ヴィクトリアではすでに人気の高いシグニチャー・レストランである「ザ・ベランダ」は、クイーン・メリー2にもオープンすることで、キュナードのすべての客船において、旬の素材を取り入れた質の高いフランス料理をご堪能いただけます。


照明を凝らしたエレガントなダイニング・ルームや細部に配慮したサービスでのお食事は、忘れられない思い出となるでしょう。このレストランはランチとディナー(カバーチャージが必要)の他、お食事の前後にバーをご利用いただくこともできます。


キュナードのディレクター、アンガス・ストルサーは次のように述べています。


「クイーン・メリーと初代クイーン・エリザベスの『ベランダ・グリル』*はまさに伝説でした。海上で最も高級なダイニング・ルームとして、ロンドン、ニューヨーク、パリの有名なプライベート・クラブにも匹敵する存在でした。今回の「ザ・ベランダ」のコンセプトは、船旅の黄金時代の先駆けを実感させる環境と、その特別な雰囲気を再現することで、特別なランチやディナーをお客様に楽しんでいただきたいという思いがあります」。


* ベランダ・グリルとは
かつてファースト・クラスのお客様だけが利用することができた「ベランダ・グリル」は、大西洋上の社交場と して人々が最も憧れた場所でした。ダンス・フロアがあり、専属のオーケストラによる生演奏が楽しめるベラン ダ・グリルでは、ファースト・クラスのお客様であれば、1 人10 シリングで、夜遅くまで飲食、ダンスに興じる ことができました。ベランダ・グリルは他では得られないようなプライバシーに配慮した環境を提供したため、 裕福で高名な方々にも喜ばれ、ウィンストン・チャーチル、フレッド・アステア、チャーリー・チャップリン、 マリーナ・デイトリッヒ、グレタ・ガルボ、エリザベス・テーラーなど、多数のハリウッド・スターや皇室関係 者も度々利用していました。

 

クイーン・メリー2について
2004年に英国女王陛下により命名されたキュナードのフラッグシップであるクイーン・メリー2は、21世紀の豪華旅行として、175年にわたる大西洋横断旅行の歴史を引き継いでいます。2013年7月、クイーン・メリー2は200回目の大西洋横断を達成しました。2004年以降、この伝説的な航海を体験した著名人として、元米大統領ジョージH.W.ブッシュ、デズモンド・ツツ、ジェームス・テイラー、ウェス・アンダーソン、ティルダ・スウィントン、ジョージ・タケイ、キム・ノヴァク、ユマ・サーマン、リチャード・ドレイファス、ジョン・クリーズ、アンジェラ・バセットが名を連ねています。


キュナードについて
クイーン・メリー2、クイーン・ヴィクトリア、クイーン・エリザベスのラグジュアリーなオーシャンライナーを運航するキュナードは、1840年に「ブリタニア」が大西洋を横断して以来、新しい旅の探究者であり、英国の歴史と伝統を継承しています。キュナードでの船旅は、現代の冒険、クルーズの黄金時代から語り継がれてきた伝説のホワイトスター・サービス、素晴らしいレストラン、ワールドクラスのエンターテインメントをご提供いたします。今日、キュナードは唯一の定期大西洋横断ライナーであり、1922年に開始した伝説的なワールドクルーズを今も続けています。



ワールド・リーディング・クルーズライン
キュナードは、ワールド・リーディング・クルーズラインのメンバーです。その他のメンバーは、カーニバル・クルーズ・ライン、ホーランド・アメリカライン、プリンセス・クルーズ、コスタ・クルーズ、シーボーン・クルーズです。お客様一人一人にご満足いただきたいという情熱と、品質と価値をお約束するワールド・リーディング・クルーズラインは、最高の休暇を楽しみたいという人々の意欲をかき立てます。私どもは共に、世界で最も価値ある旅先へ、心躍る充実した各種クルーズバケーションを提供しています。

 

お問い合わせは ㈱カーニバル・ジャパンまで
http://www.cunard.jp/