キュナード・ライン創立175周年の1年が華やかにスタート

2015年01月26日

キュナード・ライン創立175周年の1年が華やかにスタート

 

今年で創立175周年となるキュナード・ラインの新たな1年が華やかに幕を明けた。英国サウサンプトン港では、マーチングバンドの演奏をバックに花火が打ち上げられる中、キュナードのフラッグシップ「クイーン・メリー2」(151,400トン)と姉妹船の「クイーン・エリザベス」(90,900トン)が2015年のワールドクルーズに出航した。ワールドクルーズの期間中も、船内では創立175周年を祝う様々なイベントが予定されている。

キュナードでは、2015年を通して、「クイーン・メリー2」、「クイーン・エリザベス」、「クイーン・ヴィクトリア」(90,000トン)の3隻の船上で、下記のような創立175周年記念イベントを予定している。
● 特別メニューのガラ・ディナー(4泊以上のクルーズのみ)
● 「ブラック、レッド、ゴールド」をテーマにしたダンスパーティーを各船のボールルーム
   「クイーンズ・ルーム」で開催
● 175周年をテーマにしたワインからクラフトビールまでのスペシャルドリンク。アフターヌーンティーや
   フォーマル・ナイトのディナーでは175周年をテーマにしたケーキやデザートを提供
● 175周年をテーマにしたエンターテイメント。175周年クイズのほか、「クイーン・メリー2」の大西洋横断
   クルーズではRADAシアター・グループによるキュナードの歴史を一風変わった視点で捉えた
   ショーも上演
● 175周年記念グッズの販売。コレクター向けのポスター、ティディーベア、ポロシャツ、カフスボタン、
   英国のジュエリーブランドClogue(クロガイ)の18金ゴールド・ジュエリーなど多彩な品を揃える
● 船内で投函された郵便物に175周年ロゴのスタンプを押印
● 客室内のステーショナリー(ポストカード、メモ用紙、封筒)も175周年ロゴ付き

キュナード・ラインの北米社長リチャード・メドウスは語った。「2015年はキュナードにとって素晴らしい年になることでしょう。年間を通して、175周年を祝う様々なスペシャルイベントをご用意しています。この歴史的なお祝いの時を、世界中の皆様に船上で共有いただければと思っています。」

175周年のハイライトのひとつは、「クイーン・メリー2」、「クイーン・エリザベス」、「クイーン・ヴィクトリア」のキュナードの3隻が、母港のサウサンプトンに集結する5月3日。また5月25日には同3隻が、キュナードの心の故郷である英国リバプールに集まり、かつて50年もの間キュナードの本社が置かれていたキュナードビルなどが立ち並ぶウォーターフロントをバックに、マージー川を航海する史上最大の3隻の船隊となる。

175周年記念クルーズの詳細は後日発表予定。

 

以上

 

お問い合わせは ㈱カーニバル・ジャパンまで
http://www.cunard.jp/

 

キュナード・ラインは、同社が運航する客船「クイーン・ヴィクトリア」の新たなステージショー『ハリウッド・ロックス』を発表した。『ハリウッド・ロックス』は、いつの時代も人々を魅了してきたハリウッドをテーマに、人気映画のサウンドトラックを採り入れた作品。船上での初演はスタンディングオーベーションを受ける大盛況で、乗客アンケートでも86%が賞賛、クイーン・ヴィクトリアに新旋風を巻き起こしている。
制作費30万ドル以上をかけた『ハリウッド・ロックス』は、サイレントムービーから、映画の黄金時代、近年のオスカー受賞作まで、船上の観客を様々な時代への旅に誘う。『オズの魔法使い』の「オーバー・ザ・レインボー」や、ジーンケリーを世界的なスターにした『雨に歌えば』の「シンギング・イン・ザ・レイン」、ホイットニー・ヒューストンとケビン・コスナーが競演した『ボディーガード』の「アイ・ウィル・オールウェイズ・ラブ・ユー」、『ダーティーダンシング』の「ザ・タイム・オブ・マイ・ライフ」、『マンマミーア』からアバ・メドレーなど、歴代の名作映画のテーマソングやダンスナンバーを堪能できる。
「『ハリウッド・ロックス』は、クイーン・ヴィクトリアのゲストの為に作られた、全く新しい作品です。」キュナード・ライン会長デビッド・ディングルは述べた。「心に響く歌、素晴らしいダンス、美しい衣装。名作映画の名曲を通して、様々な時代へとお連れします。」
『ハリウッド・ロックス』に出演する12名のダンサーと4名の歌手は、クイーン・ヴィクトリアに乗船する前、何ヶ月にも亘るリハーサルを重ねてきた。キュードス・エンターテイメント・グループ会長ニック・トーマスは、「キュードス・エンターテイメントは、キュナードの客船でのハイクオリティーなステージショーのプロデュース会社に選ばれ、大変光栄です。我々は『ハリウッド・ロックス』の制作・上演を非常に嬉しく思っています。クイーン・ヴィクトリアのゲストの皆様は作品の音楽性とクオリティーに驚かれることでしょう。」
45分の上演時間中、観客は『タイタニック』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』などの映画のテーマソングも楽しめる。クイーン・ヴィクトリアの「ロイヤル・コート・シアター」は、洋上初のプライベート・ボックス席も備えた3層の本格的な劇場。同船のゲストは、この劇場のシートでリラックスして作品を鑑賞できる。