カーニバル・ジャパン、販売強化を目的として
キュナード・ライン、シーボーン・クルーズラインの
新たな事業部門を設立


2014年5月1日

 

カーニバル・ジャパンは5月1日付で、キュナード・ライン及びシーボーン・クルーズラインの事業拡大を目的とした新たな体制を発表した。

 

これは3月に日本初寄港を行った「クイーン・エリザベス」を軸とした販売が好調なキュナード・ラインと、2015年5月より4隻体制で新たなスタートを切るシーボーン・クルーズラインの2社を日本市場にて販売強化する事で、カーニバル・ジャパンの新たな事業の柱とする事が大きな目的である。

 

木島榮子代表取締役は「近年、急速に拡大する日本のクルーズ市場の中で、最高のブランド力と知名度を誇るキュナード・ラインとラグジュアリークルーズの最高峰として知られるシーボーン・クルーズラインの販売を強化する事は、今後の当社の事業展開を考えた上で、急務且つ必要不可欠であると判断した。」と述べている。

 

新事業では営業と手配の専任担当者を複数名配置し、事業部門の責任者として児島得正営業部長が就任する。 当面は東京本社にて日本全国の営業/手配を網羅し、広報機能も強化する。

 

同部門は、世界最大のクルーズ運航会社カーニバル・コーポレーション&plcによって設立された、株式会社カーニバル・ジャパンの新事業部となる。

 

以上

 

お問い合わせは ㈱カーニバル・ジャパンまで TEL:03-3573-3610
http://www.cunard.jp/