クイーン・ヴィクトリア
総工費3,400 万ポンドを投じた大改装が完了
その輝かしい全貌を公開

 

2017年6月13日

 

 

2017 年6 月8 日: キュナード社を代表する「クイーン・ヴィクトリア」が、3,400 万ポンド (約44 億円)を投じた大改装を終え、新しい設備を伴ってサウサンプトンに帰港しました。

8 日に公表された画像はまさにキュナード社の熱意の賜物。その画像からは、船内に足を踏 み入れた瞬間から乗客を極上のラグジュアリーな体験へと誘う、細部まで行き届いた改装、 非の打ち所のないサービスと情熱がうかがえます。

新設されたブリタニア・クラブ・レストランと追加となった43 室の広々としたブリタニア・ クラブ客室は、素晴らしいインテリア・デザインで一新。グランド・スイートおよびペント ハウス・スイートのほか、ゆったりとした豪華なサンデッキやウィンター・ガーデンも改装 されました。全客室も大型フルフラットスクリーンテレビ、さらにご要望の多かった紅茶・ コーヒーマシーンも追加され装い新たに登場しました。

5 月5 日に、イタリア・パレルモのフィンカンティエリ造船所で改装に入った同船は、現在 は航海を再開し、花が咲き誇るカナリア諸島を訪れるテーマ・クルーズ Festival of Flowers へと出発しました。

キュナード・シニア・バイス・プレジデント(上級副社長)、サイモン・パレソープ(Simon Palethorpe)は次のように述べています。「改装を終えたクイーン・ヴィクトリアが母港サウ サンプトンに戻った姿を見られるのは喜ばしいことです。

2016 年にクイーン・メリー2 の改装に9 千万ポンドを投じたことも、お客様がキュナード社 の船に求めるラグジュアリーな体験をお届けする約束の証ともいえるでしょう。お客様のニ ーズに応え、非の打ち所のないクルーズ体験をお届けできるよう配慮して細部にまでこだわ った改装で、我が社のデザイン・イノベーションチームは今まで以上の実力を発揮しました。

これまでの伝統を受け継ぎながら、既存の装飾も改装、クイーン・ヴィクトリアの象徴的な 優雅さをものがたる新たな設備を追加しました。」


リド・サンデッキ(後方)

ラウンジ・スペースの拡張で、日の出から日没まで楽しめるデッキスペースが追加されます。風除け、デッキ チェア、豪華なカバナが加わりデッキでの日光浴が可能になります。日陰のエリアも拡張され、屋外での食事 もより快適に。ドリンクサービスも終日提供され、ライブ・エンターテイメントもお楽しみいただけます。


ウィンター・ガーデン

デッキ9 の中央に位置する美しいリラクゼーション空間。このエレガントなラウンジでお好みのお酒とともに、 ガラスの天井や窓の外に広がる眺望をお楽しみいただけます。カーペットも一新、ガラス張りのキャノピー(サ ンルーム)が加わり、快適さと内装にいっそう磨きがかかりました。


ブリタニア・クラブ客室

デッキ7と8 の中央に位置するブリタニア・クラブは、全客室で改装が行われ、現代的な幾何学模様のカーペ ットとファブリック(リネン)で装い新たになりました。新しいフラットスクリーンテレビや、特に要望の多 かったコーヒーマシーンも追加され、客室内での体験もアップグレードされました。新たに追加となった43 室のバルコニー客室では、バルコニーと9種類ある枕の中から好きなものをお選びいただける「ピロー・コン シェルジュ・メニュー」で、お客様に最大限の快適さをお約束します。


ブリタニア・クラブ・ダイニング

全面改装を終えた新しいブリタニア・クラブ・ダイニングは、お客様のお好きな時にご利用いただけます。 以前チャート・ルームがあった場所、デッキ2 のブリタニア・レストラン隣に登場。


ペントハウス・スイート

クイーン・ヴィクトリアに5つあるエレガントなペントハウスは、最大限のスペースと優雅さで、より快適な 空間を提供します。新しいペントハウスには、床から天井まである大きな窓と扉、海を臨むプライベート・バ ルコニー、荷物スペースの拡張、豪華なジェットバスが備わった美しい浴室を完備しました。専属バトラーお よびコンシェルジュがいつでもリクエストにお応えし、洋上での最上級の客室となります。


グランド・スイート

アキタニア、ベレンガリア、モーリタニア、ラコニア・スイートはクイーン・エリザベスと同じくおよそ1,436 平方フィート(約133.4 平米)のスペースを最大限に生かして再設計。 豪華なレジデンスを思わせる新たな設 計で 、床から天井まである窓と扉、テレビ付きの個室、美しいラウンジ、海を臨むマスター・バスルームと2 方向を見渡せるバルコニーに加え、セカンド・バスルームとウォークイン・クローゼットを設置。お客様に至 極のラグジュアリーと心地よさをお届けします。


チャート・ルーム


クイーン・ヴィクトリアの改装で一新された「チャート・ルーム」は、グランド・ロビーのすぐそばに登場。 日中は、「イリー」のコーヒーや「ゴディバ」のチョコレートをはじめとする軽食を、また夜には、キュナー ドが誇るバーテンダーが作るドリンクを楽しめる、贅沢なカクテル・ラウンジに様変わりします。


# # #


キュナードに関するお問い合わせは、お近くの旅行会社までお問い合わせください

キュナードについて
クイーン・メリー2、クイーン・ヴィクトリア、クイーン・エリザベスのラグジュアリーなオーシャンライナーを運航するキュナードは、1840 年に「ブリタニア」が大西洋を横断して以来、新しい旅の探究者であり、英国の歴史と伝統を継承しています。キュナードでの船旅は、現代の冒険、クルーズの黄金時代から語り継がれてきた伝説のホワイトスター・サービス、素晴らしいレストラン、ワールドクラスのエンターテインメントをご提供します。今日、キュナードは唯一の定期大西洋横断ライナーであり、1922 年に開始した伝説的なワールドクルーズを今も続けています。